• ホーム
  • 毎日の筋トレは筋肉が回復できない!そんなときは超回復を待とう

毎日の筋トレは筋肉が回復できない!そんなときは超回復を待とう

2019年10月21日

ダイエットには基礎代謝が重要となります。基礎代謝を向上させるためには筋肉増加を図るのが有効です。筋肉増加を実現するために有効となるのが筋トレですが、筋トレを毎日しているにも関わらずあまり筋肉がつかないという方もいるのではないでしょうか。筋トレをすると細胞膜が破壊されます。それにより、複数の核を持った細胞が登場します。これが筋肉のついていくメカニズムです。毎日筋トレをしていると回復をするペースが追い付かなくなってしまいます。そのため、なかなか筋肉がつかない状態になることがあります。そこで重要なのが超回復です。超回復とは、筋トレを行い組織を破壊した後に回復することを言います。超回復により元の状態よりもパワーアップするところまで回復することがあります。その結果、大きく筋力アップを実現することが出来ます。これは筋肉痛を予防する上でも有効な手段となっています。筋肉痛を悪化させないためにはストレッチをしておくことも重要です。トレーニングをしていて怪我をしてしまうと、運動が出来なくなってしまう恐れがあります。それはダイエットをする際にも大きなマイナスになりえます。それゆえにケアを行っていくことは非常に重要となっています。

休息日を入れるのは目安として3日に1回ほどが良いとされます。ハードなトレーニングをする方ほど休息日を入れることの重要性が上がります。緩やかなトレーニングを行っているという場合は1週間に1回ほどでも問題はありません。いつを休息日にすれば良いという決まりはありません。いつかということ以上に、頻度を一定化することが重要となっています。超回復はれっきとした理論に基づいたものであり、本当に効果を出すために大切です。急激に鍛えると筋肉痛になってしまうので、期間を用意して徐々に鍛えておくことも有効といえるでしょう。以前の筋トレといえばひたすら鍛えるというものでした。しかし、昨今では理論に合ったトレーニングを積むことの重要性が高くなっています。それゆえに効果を明白に出したいのであれば、超回復のことも本当に意識しておくことが大切です。どのような体系を目指すかによって、筋肉の鍛え方は変わります。例えば細身を目指すのであれば、筋肉を鍛えすぎることが逆効果になるかもしれません。細身を目指している場合は、インナーマッスルを鍛えることを意識しましょう。インナーマッスルは鍛えてもごつごつとした体形になりにくいです。筋量の目安は人によって異なっており、目指す筋量によって期間も異なることになります。